私たちの基本理念やあゆみ会の歴史についてご案内します

大阪府下で介護施設を運営する 社会福祉法人 あゆみ会

求職中のみなさまへ、採用担当者からごあいさつさせていただきます

GREETING

求職中のみなさまへ
社会福祉法人あゆみ会からの
ごあいさつ
社会福祉法人あゆみ会の基本理念です。
常に愛と思いやりの心を堅持し、多年にわたり社会の発展に貢献された高齢者を敬愛し、高齢者がどんな身体状況、精神状況であっても、人間の尊厳、個人の人格と主体性を尊重し、高齢者が安心して生活ができ、家族が安心して託せる生活の場として、質の高いサービスの提供に努める。

平成7年のある日・・・。
当時68歳だった創業者・松浦一歩が、白い盲人用の杖を手に歩いている女性を偶然見かけたとき、
 「もし、自分の家族に体の不自由な者がいたら・・・」
 「自分に何かできることはないか?」
と考えたのがきっかけとなり、深刻化する高齢者福祉に貢献することを自分の余生のライフワークにしようと決心し、 平成10年11月、あゆみ会は設立されました。

あゆみ会の歴史

その後、平成11年に特別養護老人ホーム「アンパス東大阪」を、翌12年、大阪市住吉区にデイサービスセンター 「アンパス住吉」を開設しました。(「アンパス」とは、フランス語の「一歩」の意味を持つ造語です)

こう書いてしまえば、順風満帆のように思われてしまうかもしれませんが、元はと言えば、約半世紀に渡り米屋を営んでいた一歩は、あゆみ会の理事長に就任したものの、70歳を過ぎて初めて経験する介護施設の運営に、試行錯誤・悪戦苦闘の日々を過ごすことになったのです。

平成15年。志半ばにして天に召された一歩の意思は、妻である現理事長の松浦妙子が引き継ぐこととなりました。 妙子もまた、介護施設の運営は初めてでしたが、先代・一歩が築き上げた基本理念に忠実な施設運営に努めたことにより、行政や地域社会からも信頼される社会福祉法人へと成長を遂げたのです。

平成23年には、「アンパス保育園」を開設。老人介護と保育。業種こそ違えど、「人間の尊厳、個人の人格と主体性を尊重し、質の高いサービスの提供に努める」という先代の理念は、保育園でも脈々と受け継がれ、今日に至っています。

『質の高いサービス』とは

ざっと駆け足で、あゆみ会の歴史をご紹介しましたが、お仕事をお探しの皆様にはどのように映られたでしょうか? 皆様の中には、「自分に『質の高いサービスを提供』することなど、できるんだろうか・・・?」と、不安に感じておられる方もいらっしゃるかもしれませんね。そのお気持ち、よくわかります。

でも、何の心配もいりません。 私たち職員の中で、初めから「質の高いサービス」ができた者など誰一人いません。みんな、先輩職員に一から教わって、毎日毎日、利用者の方々や園児たちとの触れ合いを繰り返していく中で、少しずつサービスの質をあげてきたのです。

ここからは私見になりますが、「質の高いサービス」について、もう少し補足させてください。私たちの仕事は、ご入居の方々、ご利用の方々の「生活の一部」を手助けすることです。私たちが普段の生活の中で、ごく「当たり前」に行っていることって、たくさんありますよね? ご飯を食べる、お風呂に入って体をきれいにする、トイレに行って排泄する・・・。

これらの、普段から「当たり前」にしていることを、 利用者の方々にも「当たり前」に行っていただくためにはどうすればいいか? いかがですか? 少し、考えてみてください・・・。

「かゆいところに手が届く」ような心配り

たとえば、歩行の不自由な方には、転倒などでケガをされないよう、そばに寄り添って手を引いて差し上げる。或いは、車イスにお座りいただくよう促し、後ろからゆっくりと車イスを押して差し上げる、等、ご自身がその立場に立ったときに、「こうしてもらえたら嬉しい」と思えることを実践し積み重ねていくことが、すなわち「質の高いサービスの提供」ではないかと思うのです。

人が人として、ごく「当たり前」の生活を行う上で、本当に必要とされる「質の高いサービス」とは、高級ホテルのコンシェルジュが行うような立ち振る舞いではなく、「当たり前のことを当たり前に行う」ための、「かゆいところに手が届く」ような心配りであると、私は解釈しています。 このように解釈すれば、「質の高いサービス」について、そんなに難しく考えなくてもよさそうな気がしませんか・・・?



ここまで読んでくださった方々、長々とお付き合いをいただき、ありがとうございました。このページが、迷っていたあなたの背中を押すような恰好となり、「この法人で、自分も先代理事長の意思を継ぐ職員となって、社会に貢献したい!」と、思っていただけましたら、採用担当者として、とても嬉しく思います。

近いうちにあなたとお会いし、仕事を共にする日が来ることを願ってやみません。

採用担当者

関連施設